事務転職<第二新卒の場合>

事務転職TOP >> 事例別の事務転職 >> 事務転職<第二新卒の場合>

事務転職<第二新卒の場合>

第二新卒でも事務系転職は出来るのかと思うかもしれませんが、充分にチャンスはあります。しかし新卒とひとくくりにされないためにも、第二新卒ならではの事務系転職対策を立てる必用があります。まずは第二新卒OKの事務職求人を探してみましょう。転職サイトを利用すると簡単に検索することができます。その上でどのような企業や業界が第二新卒事務職を求めているのか、状況をつかんでおきましょう。転職コンサルタントに、第二新卒の事務系転職事情に関して訊いてみるとよいでしょう。

新卒と同じく選考を受けるケースが多いのが第二新卒です。第二新卒であることがマイナスではなく、プラスに働くような対策を講じましょう。新卒との大きな違いは、社会人経験があるという点です。事務職ですと数字等の実績が明記出来ない分、業務内容や実績について詳細に職務経歴書に記載する必用があります。特に事務処理能力を的確に示す必用があります。

どのような業務にどこまで関わったのか、そこで挙げた成果は同のようなものだったのか、業務毎に詳細に整理しましょう。それを企業別、業務別、時系列に並べて、読みやすい職務経歴書を完成させます。大学時代のアルバイト経験等もある方は、前職の前に記載します。

新卒と比べて少しでも社会人経験がありマナーを身につけている、しかもひとつの企業色に染まっていないと考える企業はかえって第二新卒を希望する場合があります。そうした企業の採用傾向も敏感にキャッチしてゆきましょう。なぜなら第二新卒歓迎の求人の中で働きたいものがあれば、かなりマッチ度の高い求人と言えるからです。

前職の退職理由に関しても充分検討しなければなりません。退職するにあたり様々な理由があるにせよ、より状況を改善したい、向上したいという希望のもと転職を決意したことに違いはありません。この人と働きたいと思わせるような、前向きな退職理由であるべきです。

次に退職するとまた転職会社数が増え、短期間に転職することを余儀なくされてしまいます。こんどこそ成功させ長期勤務を考えるという決意が必用です。短期間に転職社数の多い方は、すぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまいがちです。また第二新卒前回の経験を活かして、それを力に変えるような転職活動が必用です。前職を経験することで見えて来た自身の長所と短所を分析しましょう。客観的に自己を捉えることの出来る人材は、企業としても評価が高い傾向にあります。 

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.