事務転職<男性の場合>

事務転職TOP >> 事例別の事務転職 >> 事務転職<男性の場合>

事務転職<男性の場合>

「男性でも事務職に転職出来るのか?」といった疑問を抱く方がいらっしゃいます。事務職といっても非常に広い範囲の職種や求人がありますので、答えとしてはイエスです。そちろん男性であっても事務職への転職は十分可能です。しかし職種によっては女性中心の雇用になるケースがあります。一般的な事務職といわれるものですと、女性中心に雇用されるケースが多いのが現状です。男女雇用機会均等法があることもあり、性別を分けた募集はされていないというのが現状でしょう。

しかし採用側はある程度、採用事務人員の性別については決めています。気になる事務系求人を見つけたら、転職サイトに依頼して男性事務職を希望しているのかどうか調査することが出来るでしょう。そうやって条件に合った事務系求人、自身の希望にあった求人を絞り込んでゆきましょう。

男性事務職の採用傾向のある業種を掴んでおくというのも対策の一つです。一般事務職では女性採用のケースが多いとお話ししましたが、財務会計分野の事務職は男性を希望する傾向にあるそうです。男女に関係なく今後事務職をはじめとした雇用の拡大が予想されるのが医療介護福祉分野です。医療事務や介護事務は男女関係なく、人材を確保することが急務とされている職種です。もしもあなたが医療介護福祉に興味をお持ちであれば、チャンスのある求人になります。

事務系スペシャリスト職であれば、男女の差はなく実績と即戦力、企業との愛称などで判断されるので、あまり男性だからということはないと思われます。男女の社会的立場に差が無くなって来た世の中になった昨今であっても、やはり男性は家族を支える稼ぎ頭という立場から、終身雇用や長期雇用を求める傾向があります。女性は働きながらも、子供を産み育てるという役割から、やはり休職や転職、家庭と以後との両立出来る働き方等を希望する方が多いのが現状です。

一家の大黒柱として生涯家計を支える立場にあるのが男性である傾向にあるため、事務職スペシャリストとしてまた管理職としてキャリアアップを望む傾向があります。仕事のやりがいと収入の両面から納得のゆく事務系求人を選ぶ必用があります。男性事務職として将来の希望の持てる転職とはどのようなものか検討する必用があるでしょう。将来企業の中枢にキャリアアップして経営を支えるような事務職や、資格を取得してスペシャリストとしてキャリアアップする事務職などが考えられます。 

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.