事務転職<大手企業の場合>

事務転職TOP >> 事例別の事務転職 >> 事務転職<大手企業の場合>

事務転職<大手企業の場合>

大手企業への事務系転職を考える場合どのような対策が必用でしょうか。基本的に大手企業では事務職雇用は新卒採用である傾向です。欠員も新卒で補充するというケースがほとんどです。したがって大企業に事務職として就業するには、対策をたてなければなりません。中には中途採用で事務職を募集するケースもありますから、転職サイト等で新着求人をタイムリーに掴むようにしましょう。

一般的な事務職ではなくスペシャリスト事務職を即戦力採用というケースもあります。中途採用で大手企業事務職採用を勝ち取るには、やはりスペシャリスト職は武器になります。あなたがどのようなスペシャリスト事務職であるのか、またどのようなスペシャリスト事務職を極めようとしているのか、これまで以上に具体的な目標を定めましょう。ここでスキルを整理することで、必用な資格や勉強内容が見えてきます。常に向上する心と実際の努力する行動力は企業側にとっても評価の対象となります。

一般事務であってもスペシャリスト事務職であっても大手企業の求人には応募が集中する場合があります。転職サイトに登録してタイムリーな情報収集や非公開求人紹介をえるようにしておくとよいです。企業側は急な欠員募集や新事務所立ち上げ、新規事業立ち上げのための事務系職員を募集する場合があります。いづれも即戦力を希望することから、人材紹介会社に非公開で依頼する場合があります。そうしたチャンスを逃さないようにしましょう。

大手企業での就業は、福利厚生が充実している場合が多く、仕事と家庭の両立に就いても体制が整えられていることが多いので働く女性に人気があります。キャリア志向の高い方にとっては、職務規程によって昇進も決まるので昇級昇格がスローペースに感じられることがあるようです。個人の実績に関しては、大勢でプロジェクトに望みしかも数字で成果のでにくい事務職ですから、明確に出ないということも大企業にはあるようです。そうした大企業の事務職として働く場合のメリット/デメリットについても事前に把握した上で、自分には大企業で働くことが合っているのか検討しましょう。

企業側が求めるスキルや経験、資格保有者はチャンスがある場合もあり。経理事務等。生保損保事務など。スペシャリスト事務職はチャンス有り。ただし非常に少ないチャンスであり、エグゼクティブ求人の領域であるので、こうした求人を仲介する転職エージェントに相談する必用があるでしょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.