事務転職<高卒の場合>

事務転職TOP >> 事例別の事務転職 >> 事務転職<高卒の場合>

事務転職<高卒の場合>

事務系転職を目指す方は実に様々です。中には高卒ですが事務職に就くことができるのか?と悩まれる方がいます。事務系求人の中には、短大、大学卒という募集条件があるところもあれば、高卒から応募可能なところもあります。多くの方が大卒となった現代であっても、高卒の事務系求人を見つけることはできます。高校三年生の卒業見込みの方であれば、就職担当の学校の先生が積極的にサポートする体制があるでしょう。

高校卒業後一度他の職業に就いてから事務職を目指す方であれば、転職サイトに相談するとよいでしょう。高卒で事務職に転職した方の事例や現在の高卒事務職求人を一括簡単に検索出来ます。まずは高卒でどのような企業が事務職を受け入れているのか調べてみましょう。

実際に就業すると、社会人としてのマナーや職場の同僚とのコミュニュケーション、そして事務処理能力が求められることになります。商業系高校や普通高校在学時の授業でパソコンや事務系実務に関わる授業を履修された方は、そのスキルを履歴書に記載しましょう。簿記等の資格を保有されている方は有利です。転職活動と同時に事務職に必用な資格取得を検討しましょう。一般的な事務職ですと日商簿記2級がおすすめです。パソコン操作能力を示すMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)などもあります。

高卒であっても大卒と変わらず貢献出来るということをアピールしてゆきましょう。高卒は大卒に比べて若く初任給も大卒より低くなりますので、これは高卒の強みです。入職すれば先輩社員の教育をうけながらその企業に貢献出来る人材に成長してゆきますので、社内キャリアを積んだ後は高卒だからという学歴は問題なくなるでしょう。就職出来れば、そこから先はあなたの力が試される時です。

一旦他の業種に就業してから事務職を目指す高卒の方の場合はどうでしょう。社会人経験がありますし、目指す事務職を具体的にし、前職で培った経験の中で何が活かせるのか整理してみましょう。必ず何か活かされるものがあるはずです。最低でも社会人としてのマナーや組織の中でのコミュニケーションの取り方などは身に付いているはずです。

高卒だから大卒に劣るという悲観的な捉え方ではなく、高卒なので若いうちから社会経験を積めたという自負を持つことです。人一倍、応募する企業の研究や自分の事務職に対するキャリアプランの検討を重ねることで、目標が明確になり充実した転職活動となるでしょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.