事務転職<60代の場合>

事務転職TOP >> 事例別の事務転職 >> 事務転職<60代の場合>

事務転職<60代の場合>

近年日本は後期高齢化社会に突入したとして、もっと老人に働く環境を与えるべきという声が大きくなっているといいます。そうでなくても年金の支払い開始が65歳となったことで定年後も仕事を探している方は多く、現在事務仕事をしているという定年間直の方が60代になった時のために転職活動をスタートさせているという方も大勢います。60代からの事務職の転職を行うためには超えなければならないハードルも多いので、それ相応の苦労をするのは間違いありませんが、頑張って転職活動を成功させましょう。

60代から事務職への転職活動をするためには実務経験がどれだけあるかが何より重要です。さすがに未経験で事務職を始めるのは難易度が高すぎるので、ある程度の実務経験が備わっている人でないと60代からの事務職への転職は無理と思って良いでしょう。それとPCスキルもある程度備えておかないといけません。以前の職場でPCを使っていたという方も業務に使っていたソフトが転職先と違うとソフトの動作を一から覚えておかなくてはならなくなるので、ワードやエクセルといった大体の企業で使われているオフィスソフトの使い方については最低限覚えておくと転職活動をスムーズに進める事が出来るはずです。

60代を過ぎてからの事務職の転職は待遇についても考える必要があります。大抵の方は定年を迎えると同時に嘱託社員やパート、アルバイトになることが多く、企業によっては嘱託社員を設けていないところも多いので、大抵はアルバイト待遇で転職される事になるそうです。なので60代からの転職は非正規社員になることも前提に転職先を探したほうがスムーズに進める事が出来るので、求人情報をチェックする時はアルバイト情報にも目を向けてみましょう。

60代からの転職は決して簡単というわけではありません。理想としては若いころから老後でも働けるような職場を探して働き続けるのが一番ですが、過ぎたことを言っても仕方がないので、こまめに求人情報をチェックして少しでも条件の良い職場を探しましょう。特定の求人情報だけに目を通すのではなく、出来る限り複数の種類の求人情報を探すなど、人よりも早く良い求人情報をキャッチできるように目を光らせておくのも重要です。事務職への転職は求められるスキルも多く、同じように事務職を希望している人もたくさん居るので、すぐには決まらないものと考えて転職活動を続けましょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.