事務転職<40代の場合>

事務転職TOP >> 事例別の事務転職 >> 事務転職<40代の場合>

事務転職<40代の場合>

40代で事務転職を目指すにあたって様々な不安があるでしょう。20年あまりの社会経験はたまた長い離職期間を経ての職場復帰など、十人十色の状況であると思います。現職でキャリアを重ねて、さらにキャリアをアップさせるための転職という方もいらっしゃるでしょう。40代の事務系職種に企業側が求めるのは、即戦力だけでなく事業をまとめるマネージメント能力です。

では新人として一般事務を一から教育するのであれば、新卒社員という企業が多い中、未経験しかも40代で事務系転職を成功させることは出来るのでしょうか。これはかなりの情報分析と自己分析などの対策が必用になります。若手の新卒新人と並んで就職活動をしてもはじまりません。まずは40代未経験でも応募出来る事務系求人をピックアップしましょう。それらの求人票を見て働きたい職場があるのかどうか検討しましょう。

事務職未経験の40代であっても、社会人経験ましてや人生経験はゼロではありません。むしろ経験豊富といってよいです。可能性のある事務職種に活かせるあなたのスキルをピックアップしましょう。また新しい業態では事務系人材の不足から積極的に年齢を問わず未経験者を採用する傾向があります。そうした新分野にチャレンジするというのも可能性の一つです。介護事務等は、高齢化社会に伴い求人数が増加している職種のひとつです。これからの職種ですので、経験の浅い方、新人の方なども多く働いており、40代新人であっても違和感を感じないでしょう。

キャリアアップ転職を考えている方に関しては、これも現状のスキルを棚卸しし、目指すべき目標を明確にしましょう。ここでさらなるステップアップのために必用な資格を取得しておくのもよいとおもいます。事務系スペシャリストの即戦力として雇用されるか、将来の幹部候補として採用されるということも充分にありえます。しかし事務系職種でこうしたエグゼクティブ採用になるのは極々僅かであるようです。現職でキャリアを続けるという選択肢も持ちながら転職検討するのが良策でしょう。

人事総務や経営企画分野での事務職キャリアをお持ちの方であれば、中小企業の経営企画や総務部の管理職候補になり最終的に役員などの経営側にキャリアアップするというのも夢ではありません。管理職等マネージメントでのキャリアアップ希望がある方は、企業規模や経営理念、企業将来性などから求人検討をされるとよいと思います。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.