事務転職<30代の場合>

事務転職TOP >> 事例別の事務転職 >> 事務転職<30代の場合>

事務転職<30代の場合>

社会経験をある程度積んだ30代の方が事務転職を志す場合、どのような点に留意すれば良いのでしょうか。学校を卒業し20代前後で社会人としてキャリアをスタートさせ、10年程、社会と言うものや人間模様が見え始めた頃ではないでしょうか。また将来の人生設計と仕事というものを真剣に考えたいと思う年頃かとも思います。

これまで事務職としてキャリアを積んで来た方の転職の場合、ここで一度ご自身のキャリアを整理してみましょう。時系列にプロジェクト毎にまとめて見直してみましょう。そしてこれからどのような事務職を自分は目指したいのか、また自分にはどのような事務職を目指すべきなのか、方向性を定めてゆきましょう。転職活動をするべきか否かという段階からけんとうされると良いと思います。転職サイトに相談すると30代での事務系転職事情をつかむことができますので情報集してみましょう。

いざ事務転職をするぞとなった時、30代の方はより具体的な目標設定、キャリア設定をすることをおすすめします。簿記検定やファイナンシャルプランナー、社会保険労務士など目指す事務職によって有効な資格があります。資格取得をすることで知識やスキルをみにつけることができます。既にいくつか資格をお持ちの方がいらっしゃるのも30代のかたであると思います。今後の目標設定に近づくために必用な資格は何か検討しましょう。

また企業内では、中間管理職として即戦力として事務業務を支える立場になりうるのが30代です。まったく新しい分野の新人事務職として就業する場合は別ですが、即戦力として期待されることで内定を得られるということをふまえておきましょう。そのために具体的な目標設定とこれまでの職務経歴の整理が重要になってくるのです。

これまでの道をさらに極めることが自分にはあっているのか、全く新しい事務職にチャレンジするのか十分検討しましょう。30代の方の場合、当然これまでのキャリアを活かして即戦力として転職活動する方が有利です。しかし自分の思いが他の事務職にあるのであれば、可能性を納得行くまで検討しましょう。

客観的に自分を見て、あまりにも夢物語のような新たな事務職であればかなりのリスクとなります。現状の延長戦を考えるとあまりにモチベーションがあがらないというのであればそれも問題です。自分がこれなら元気に働けること、これなら自分でもチャレンジ出来ることの落としどころを模索してみてください。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.