事務転職<20代の場合>

事務転職TOP >> 事例別の事務転職 >> 事務転職<20代の場合>

事務転職<20代の場合>

事務仕事を始めてしばらく経つけれどもどうしても職場に馴染めず苦労しているという方や、本来事務として求められる仕事から逸脱するような仕事ばかりやらされているという方は、ある程度仕事を覚えた時点で合わないと感じたら転職してしまったほうが良いでしょう。転職活動の難易度は状況に応じて大きく異なりますが、20代の転職活動はそれほど大きな不安を抱えなくても上手くいくはずです。昨今の厳しい情勢でもきっと理想の職場を見つけられますよ。

事務職の転職は技術と若さのどちらかを見ている職場かを確認することが大切です。転職と一口に言っても求める人材はまったく異なり、即戦力として使えるような経験を多く積んだ人材を求めている企業もあれば、技術云々よりも人柄や職場に合うかどうかを見る企業も多く存在するので、20代からの転職活動は即戦力を求めている人材よりも人柄重視の職場を探してみましょう。

20代からの転職を成功させやすくする制度として近年導入されるようになった第二新卒制度は最初の職場選びに失敗してしまったという方にとってこの上なく役に立つ制度です。第二新卒は大学卒業からおよそ2,3年の内に転職を志す人を指し、新卒とほぼ変わらない形で採用してくれるので、即戦力となるレベルまで到達していないという方も転職を成功させやすくなります。第二新卒として求められる能力は社会に出て恥をかかない程度のビジネスマナーや電話応対などの基本的な業務をこなせる能力さえあれば採用する側としても不安はなくなるので、転職を希望している入社したての方は最低限の知識としてそれらを覚えるまでは今の職場で頑張ったほうが良いでしょう。

20代から転職を行う場合どのタイミングで転職活動を開始するかも重要になってきます。昔から仕事は3年間続けてから判断するべきという声もありますが、実際ある程度勤務しないと失業保険は支給されませんし、技術的に学ぶべきことは入社してから3年間が特に重要なので、事務としての仕事をさせてくれているのであればしっかり働いて事務仕事を完璧にマスターした上で転職するかどうか判断したほうが良いでしょう。ですがひどいセクハラやパワハラなどを受けて精神的に追い詰められているなど本当にひどい環境で働いているという方は無理して3年も働く必要はありません。本当に取り返しの付かない状態になる前にすぐに転職活動を始めたほうがいい結果を生むはずです。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.