事務転職<商社>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<商社>

事務転職<商社>

商社の事務職へ転職事情はどうなってるのでしょうか。商社は、総合商社、専門商社、企業規模、取扱商品、取引ネットワークなどから実に多種多様な企業があります。一社一社特徴がありますし、その中での事務職となるとさらに細分化されています。商社の事務系求人を探すと言っても非常に多様な求人内容ですので、どれを選べば良いのかわからなくなることが予想されます。

混乱してしまわないために、まず商社の事務職にはどのようなものがあるのか、自分はその中でどういった事務職として働きたいのか整理しておきましょう。企業の数だけ事務職がある、商社の数だけ事務職があるということで、求人数に関しては安定した数量があるのが商社事務職求人と言えるでしょう。

総合商社の総務部門であれば、一般的な事務職採用の場合があります。しかし商社で働く場合、基本的に英語力がある方の方が有利に働きますし、部署によっては英語力必須の求人があります。求人票にはTOEICスコア何点以上と明記されています。明記されていなくても、英語力があることは武器になるでしょう。これまでの自身のスキルが活かされるのはどういった求人か?ということもポイントです。営業事務経験のある方は、商社では国内営業事務職などがこれまでの経験を活かせるでしょうし、取扱い商財ジャンルが同類のほうが馴染みやすく即戦力となるでしょう。

英語力と商社での専門的な事務業務を指導してもらいながらキャリアアップしたいという方であれば、未経験の方歓迎の求人を探すことになります。しかし未経験者で正社員となると、商社では新卒採用の傾向があるようです。中途で商社事務の経験が無い場合、自身のキャリアを活かしながら、社内で経験を積むという方法が妥当かもしれません。商社事務に関して、派遣スタッフ募集の場合もあります。自分が納得出来る働き方や業務内容であれば、派遣を視野に入れるということもありでしょう。正社員登用制度があるのかどうかも合わせて確認しておきましょう。

商社では英語が必用になる場面が多々あります。外国からのメールや電話の取り次ぎ、海外からの来客。国内であっても海外の取引先を販売店に案内するなど、常に外国人と接する環境にあります。普段それほど英語力が必要ない業務であったとしても、外国の方との交流にひるまず興味を持てる方におすすめの業種です。同じような業務であっても商社は他企業と比べて給与水準が高いケースがあるでしょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.