事務転職<学校・大学>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<学校・大学>

事務転職<学校・大学>

大学の事務職と言うと安定して働ける、将来性があるなど良い評判が聞こえてきます。実際の職場事情の詳細をみてゆくと確かに大学運営の事務方として、安定的な雇用条件が確保されています。業務内容や雇用条件は、大学の規模や経営状況、理念、組織等によってまちまち。大学毎に異なっています。ですので大学事務職転職とひとくくりに考えず、この大学の事務職はこんな風、あそこの大学はあんな風とひとつひとつ注視してゆくことがポイントです。

大学事務職の募集は、年度変わりの次期、春期や秋期前後になると募集される傾向にあります。募集形態は新卒、中途等様々です。能力としては事務処理能力全般とコミュニュケーション能力を強く求められる職種です。なぜなら大学職員、学生、教職員などさまざまな立場の人と関わりながら業務を進めることになります。産学連携などの取り組みを大学ではおこなっうことがあり、他の分野の方々と幅広く仕事をすることになります。

部署も多岐に渡っており、学生課、就職課、教務課、図書館などの施設管理などが主なものです。業務に関しては、大学の広報、総務、経理、研究室や教授秘書などがあります。 共同研究や産学連携、一般事務業務、入学案内、学校見学、講演会の準備など非常に多くの役割を担っているのが大学の事務局です。他の部門との連携や雑務の多い仕事であると理解しておきましょう。実際にここまでが私の仕事であるとか、その話しは聞いていないということがなかなか許されない業務であるようです。世話役として柔軟に取り組める方であればおすすめの職業となるでしょう。

大学の就業規定や経営状況などにより雇用条件は大学によって開きがあります。実際の業務内容と雇用条件を吟味し、自分にあった求人を選びましょう。採用に有利に働く資格も事前に調べておきましょう。希望する業務になりますが、総務や経理全般であれば日商簿記検定2級などよいです。海外の教員や学生もいますし海外学生の招致もするケースがありますので、大学事務職はTOEICのスコアが600点以上あると有利なようです。

システム系事務職を目指す方であれば、初級システムアドミニストレーター資格があると有利。基本的な事務系パソコン操作は必須、ワード、エクセル、パワーポイント等は大学事務職として必須です。不定期に出される大学事務職の求人、異なる雇用条件などの情報を随時把握するためには、転職サイトの活用が欠かせません。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.