事務転職<マスコミ>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<マスコミ>

事務転職<マスコミ>

マスコミで事務職は様々な職種があるものの、随時転職サイト等を通じて中途採用募集が発生しています。各部署から必用な人員が募集されています。営業部ではアシスタント事務職員の募集がある場合があり、営業サポートをはじめマーケティングデータの集計、グラフ作成、資料作成などが主な仕事になります。データ分析までは業務範囲ではないケースが多ようです。そのためエクセル/ワード等の事務系パソコン操作が必須になります。

一般企業と同じく、総務や経理、秘書、受付けの募集もあります。人事採用グループでは、会社説明会の準備。総務では株主総会の準備等、あらゆる業務や雑務と言われるようなものまで業務範囲になるでしょう。管理する社員や採用する社員はマスコミの業界人なので、このあたりが一般企業とは異なる雰囲気となります。

受付けやお客様案内も、一般企業の方から、視聴観覧の一般客、番組に出演する芸能関係者など多岐に渡る方と接することになります。あまりにミーハーすぎて浮き足立ってしまうような方には難しい業務になるでしょう。テレビなどのメディアでは見られない有名人の表情や、これから製作する番組など、社外秘の内容を多く知ることになりますので、こうした情報を守れる方というのも採用基準に含まれる傾向があります。受付けや案内係は派遣スタッフ採用の場合があります。

雇用形態は、正社員、契約社員、派遣と様々ありますので、雇用条件を決めて求人検索をしましょう。給与水準は、一般的な事務職の給与水準と考えて良いでしょう。雇用先、業務内容によっては、増減する場合がありますので、出来るだけあなたのことを評価してもらえる好条件の求人を見つけたいものですね。転職サイトでは仲介することで条件交渉や、希望にあった貴重な求人を紹介してもらうことが可能です。

必用なスキルとして、基本的には電話応対マナー/社会人マナー/エクセル・ワード等の事務系パソコン操作ということになります。事務職ですので平日日勤、週休二日が一般的です。福利厚生充実度や残業の有無は、企業や所属部署の繁忙期によって異なります。事務職とはいえ、所属企業の事業であるマスコミに興味がある人というのは基本でしょう。

マスコミ業界には非常に様々な事務系職種や求人がありますから未経験であっても、前職の経験を活かしたマスコミ業界の事務職転職は十分に可能性があります。入職後キャリアアップを目指すことも可能です。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.