事務転職<メーカー>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<メーカー>

事務転職<メーカー>

メーカーの事務職に際して留意点等はどのようなところにあるのでしょうか。メーカーの事務職と一言でいっても、配属先、事業規模、部署の内容により事務業務は様々です。例えば本社の総務部で人事を担当する事務職となれば、人事担当者と採用の準備、会社説明会の準備、人事評価表等の準備等、人事と言うひとくくりの中でこまごまとした雑務までこなすことになるでしょう。

営業所であれば、営業所の事務処理全般や営業アシスタント業務等、事務所運営に関わる事務雑務全般が仕事になるでしょう。工場や物流では、生産管理の事務業務や、出荷や在庫管理に関わる事務業務となるでしょう。本部機能ではどうでしょうか。秘書、受付、総務部、経理、会計監査、経営企画、広報宣伝など、配属される部署の事務業務をおこなうことになります。メーカーであればコールセンター、お客様窓口等の事務業務等もあります。

メーカーはある程度の規模のところが多く、福利厚生や就業規定等が確立されているケースが多いでしょう。勤務時間や休日、福利厚生、給与、雇用条件などを考えて、自身の希望を整理し、あなたの条件にマッチするメーカー事務職求人があるかどうか、転職サイトでまずは一括検索してみましょう。さらに転職サイトに相談して、自分では思いつかなかった自分にあった条件とはどのようなものか、アドバイスを受けましょう。

求人票には記載されていない職場の雰囲気や人間関係を把握しながら自分にあったメーカー事務職を探し出すことがポイントです。入職してみたら想像と違った、人間関係が上手く行かない、モチベーションが持てないとなっては、また振り出しに逆戻りです。

そのメーカーの製品に愛着が持てるかといところも就業のポイントであると思います。事務職だから直接製品を作らないし販売しないからなどど思っていたら大間違いです。営業アシスタント業務だったらどうでしょう。採用担当事務として学生に自社製品の良さをアピールする時はどうでしょう。やはり本気で自社製品に愛着が無ければ勤まらない業務なのです。逆を言えば、どのような部署の人間であったとしても自社製品に対する愛着が共通項となり、職場意識、結束力、モチベーションなど、働く原動力になります。これはメーカーで働く者の特権といえるのではないでしょうか。

メーカーの事務系管理職を目指す、スペシャリスト事務職を目指す、仕事と家庭を両立しながら働くなど、具体的な姿を描いてみましょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.