事務転職<法律事務所>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<法律事務所>

事務転職<法律事務所>

法律事務所の事務職員として働く場合、法律の知識が必用かどうか考えてしまいます。しかし意外なことに、法律事務所の事務職員は法律の知識や経験は必用ありません。法律の専門家は弁護士先生であるのですから、事務職員には一般事務処理能力が求められます。法律事務所で働く伸すから、法律全般に関わる業務に興味が無いという訳にも行かないでしょうが、業務としては法律の専門業務はありません。

法律事務所の事務職は、一般的な事務業務です。事務所運営に必用な総務・経理の業務。依頼主からなどの電話応対。依頼主と弁護士先生のスケジュール管理や調整。顧問料や報酬に関わる請求書等の書類作成や発送業務等が主な内容です。一般事務の処理能力の高さをアピールすると言う点では、パソコンのスキルや簿記検定資格などがあると有利でしょう。また国際特許等手掛ける法律事務所であれば、TOEICなど英語力を証明出来る資格があると有利です。

個人事務所の場合、採用は事業主である弁護士先生が判断しますので、愛称によって採用されるといったこともしばしばなようです。お互いの愛称がよいと、勤続年数が長く安定した雇用となるケースもあります。勤務時間は事務所によりますが、基本的には平日日勤、定時帰社というケースが多いでしょう。残業の有無などは当然事前に確認しておくべきです。

事務所の規模によっても職場の雰囲気が変わります。大手事務所であれば多くの弁護士と弁護士先生を支える大規模な事務方の組織となります。大組織となれば、歯車の一つとして業務をこなし、経営状態、福利厚生も安定する傾向にあります。一方、個人事務所では事業規模が小さい分、事務所の運営全般、雑務に至るまで携ることになるでしょう。安定経営ということに関しては事務所によって非常に大きく異なることになります。経営状態に関しては重々前もって確認しておくようにしましょう。

転職サイトを利用すると、希望の法律事務所を効率的に検索出来るだけでなく、法律事務所の経営状態、福利厚生の充実度、離職率、職場の人間関係、採用傾向など詳細な事前調査が可能です。正社員での勤務、派遣、パート、アルバイトなど雇用形態別に検索することもできます。法律事務所の事務職求人に関しては新卒募集の定期採用から、欠員募集の中途採用まで様々で、随時求人が発生しています。まずは法律事務所の事務職求人にはどのようなものがあるのか、調べてみるところからはじめましょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.