事務転職<病院>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<病院>

事務転職<病院>

病院事務転職をする場合、まずどのような病院事務があるか知ることからはじめると良いと思います。病院形態、規模、組織などによって事務職のあり方は実に様々です。現在は高齢化社会に入り、医療と介護福祉の連携が増々欠かせない状況となっています。そのため病院事務に関しても介護事務業務のある求人が増えています。

今後ますます需要が拡大する病院事務職は、安定した雇用のある職種と言えます。未経験者を受け入れる状況が多いのもこの分野です。未経験者を積極的に採用していることや、医療介護福祉分野ということなどから、実際ハードワークで賃金に見合うのか?といった不安を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。今の時代、求人票を確認するだけでなく事前に職場実態を把握出来るようになっています。転職サイトを通じて納得するまで事前調査をおこなってから、応募することでそうした不安は解消出来ます。

大規模病院では、受付、医療費の会計・請求事務、総務等の一般事務など事務職が一大部署として機能しています。多くの人が働く組織では、人事課や、地域連携課なども設けられています。院長付きの秘書課も病院事務の領域に含まれます。また医療費や入退院など、患者様とそのご家族が医療に関する様々な相談を受け付ける相談室を設置し、メディカルソーシャルワーカーとして活躍する部門もあります。 相談室には社会福祉士資格保有者のメディカルソーシャルワーカーを配置していますので、同資格保有者はスペシャリスト事務職として活躍することになります。

全部門パソコン操作が必用であり、院内システムを使用しますので、パソコンスキルは必須になります。また介護事務管理士、社会福祉士など各部門で必用な資格を持っているとスペシャリストとして職能給の加算対象となる場合があります。事務管理職候補となりキャリアアップを目指す道もあります。小規模のクリニックでは受付と事務を兼務する場合が多く、病院の顔となることがあります。

病院事務の職種について把握したら、それをふまえてどんな病院事務職員になるかご自身の希望を定めましょう。希望を具体的にすることで、希望に近い病院事務職求人を検索することが可能になります。初めてのことで不安ということでしたら、事前に職場見学を出来るか?職場の雰囲気を確認出来るか?転職サイトに相談してみるとよいです。疑問や不安が無くなるまで調査、検討し万全の体制で応募しましょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.