事務転職<学習塾>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<学習塾>

事務転職<学習塾>

今の職場からは離れて新天地で働きたいという方は転職以外にその希望を叶える方法はありません。転職する際は自分のスキルを活かせる仕事に就くのに越したことは無いので、事務職として働いてきたという方はそれに合わせて事務職への転職を目指すと良いでしょう。事務業務はどんな職場であっても必ず必要になるものなので、今の職場と違う業種の職場で働く事になっても前の職場で得た経験を最大限活かすことが出来るはずです。例えば学習塾でも業務内容こそ一般企業と違う点はありますが、共通している部分も多いので、他業種からの転職でもチャンスは十分ありますよ。

学習塾は塾講師が生徒に勉強を教えていますが、それ以外の業務は事務員がサポートする形で運営されています。学習塾での事務員の仕事は生徒の出席簿や月謝の管理や保護者、生徒からの電話応対、入試の準備に講師の採用時の段取り決め、入学、進学シーズンなどに行われる各種キャンペーンの運営サポートなど一般的な企業で行なわれる業務とは少々異なる業務を多くこなす事になるので、転職後はなるべく早くこれらの業務に慣らしていきましょう。

学習塾への転職を希望している方は勤務時間についてよく考えておきましょう。学習塾が夜間が一番忙しい時間帯で、生徒が来た後の出席簿管理や生徒や保護者の応対などは夜間に大体が集中するので、それら全てを片付けるころにはすっかり夜も更けているそうです。更に最近だとネットで全国で行われている試験結果の発表がなされるため、そちらの電話応対がある時期になると深夜まで働き続ける事になり、バスや電車で通勤している方は帰宅すら危うくなりかね無いので、子育てのために早く帰りたいという方など明るいうちに帰れるような職場で働きたいという方は事務転職は避けたほうが良いでしょう。

学習塾への転職は何より子どもと増えあう事に対してやりがいを感じることが出来る人がやるべきでしょう。事務員としてはあまり生徒と触れ合う機会も無いのではと思う方も多いと思いますが、実際に子どもが多く居る職場で働くと必ず多くの子どもと触れ合う機会が出てくるので、子どもが好きという方には人気のある職場なのだそうです。そのため求人数もそれなりにあるようでもすぐに募集が終わってしまうことも多いので、転職活動の際は良い求人があったら早めに応募したほうが良いでしょう。求人情報に関しては転職サイトなどで詳しく紹介されているので、転職を希望しているという方は目を通してみてください。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.