事務転職<建設業>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<建設業>

事務転職<建設業>

土木建設事務所、工務店、大手ゼネコン、ハウスメーカーなど建設業界での事務職は実に多岐に渡ります。また業務に関しても、配属される部署や事業所の規模によって任される範囲が異なっています。例えば工務店であれば、事務全般から、電話応対、接客、見積作成、経理事務などあらゆる雑務に至るまでこなす場合があります。一方大手ゼネコンであれば、営業アシスタント、総務人事、経理、受付、秘書等、他の大手企業うと同じような部署毎の事務職設定になる場合があります。

建設業の特徴的な事務職としては建設業の経理事務が挙げられます。これには建設業経理事務士という資格があり、建設業界で必用な簿記処理業務を修得していることを証明する資格です。いくつかの級にわかれていますが、建設業経理事務士2級取得者の求人が多く有利であるといわれています。ここで浮かぶのが日商簿記との違いではないでしょうか?例えば日商簿記2級は建設業経理事務士2級と同等と言われています。異なる点は、建設業簿記が加わる点です。

したがって日商簿記2級をお持ちの方は、建設業簿記処理業務を修得すれば比較的容易に資格取得可能です。この資格を持っていると、書類選考で優位に働きます。場合によっては資格保有者として給与待遇に資格手当が加算される場合もあるようです。未だ取得されていない方で建設業界の経理事務を目指すのであれば、是非資格取得を検討しましょう。そのほか基本的に必用なスキルとしては、エクセル等のパソコン操作、台帳作成、伝票整理、請求書発行などの事務処理能力などになります。

建設業の事務職求人の状況はどうかというと、昨今の建築不況はありますが、相当数の建設業者が存在しており、求人は常に存在しています。しかしひとつひとつの求人を見極める必用があります。募集企業の経営状態、雇用条件などを見るのはもちろん、実際の業務内容、任される仕事の量、残業、人間関係、福利厚生と総合的に確認しなかればなりません。

建設業界の事務職求人内容を把握し理解すると同時に、具体的なあなたの希望をまとめましょう。あなたのこれまでの経験とスキルに、今後の希望を加味して、希望条件を明確にすることで、転職活動に進展が現れるでしょう。転職に必用なアドバイスやタイムリーな求人情報の収集に関しては、やはり転職サイトの活用が欠かせないでしょう。職場実態や人間関係、採用傾向は転職サイトの事前調査無くしては不可能でしょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.