事務転職<銀行・証券>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<銀行・証券>

事務転職<銀行・証券>

銀行や証券会社等の金融機関での事務職へ転職する際、留意しておかなければならないのはどのようなことなのでしょうか。銀行や証券会社の事務職員の求人募集は不定期に随時多く見受けられます。しかし正社員採用は新卒者がほとんどで、貴重な求人となっています。一部キャリア採用等もありますが僅かです。派遣やパートということであれば、求人数の非常に多い分野です。派遣であっても入職後、正社員登用制度のある銀行もありますので、派遣から正社員への道もあります。

業務は窓口やバックオフィス業務中心。業務の多さや残業の多い少ない、忙しさなどは、配属される支店や部署によって差があります。また採用には金融機関経験者は有利に働きます。英語力がある方は外資系の金融機関や証券会社も候補になるでしょう。そのほか銀行・証券会社の事務職員転職に有利な資格として、ファイナンシャルプランナー、日商簿記検定2級などが挙げられます。また基本的な事務系パソコン操作は必須です。

金融機関の事務業務は各社マニュアルが完備されておりそれにそって業務を進めてゆくというのが一般的です。ですので働きはじめであってもマニュアルに助けられる場合があります。一方マニュアル等に縛り付けられるのが苦痛という方にはおすすめ出来ないでしょう。金融機関を希望する方は、経験者も多く、マニュアル云々という金融文化に馴染みのある方がほとんどですね。

あまたある銀行・証券の事務求人からあなたに合ったものを見つけるというのは至難の技です。ましてや正社員となるとなおさらです。また実際に入職してから想像していたのとちがったということのないように、事前調査もおこたることはできません。是非転職サイトを活用して納得行く転職を成功させましょう。

現状あなたのもつスキルやキャリアを棚卸しして、自分はまずどのあたりの金融事務をめざせるのか検討しましょう。また将来どのような金融事務職員となりたいのか?またなれるのか?キャリアプランをたててみましょう。子育てや家庭との両立を考える方であれば、福利厚生の事前確認は必須です。キャリアプランによって派遣から正社員を目指すであるとか、はたまたエグゼクティブ転職を狙うであるとか、方策が異なってきます。また金融機関は長く安定した勤務が可能となっている職場が多いですが、それはあなたにマッチしてればこそです。しっかりと対策をたてて求人を選びとるようにしてゆきましょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.