事務転職<広告業界>

事務転職TOP >> 勤務先別の事務転職 >> 事務転職<広告業界>

事務転職<広告業界>

広告業界の事務職の求人は随時発生しており、転職したいとなった時に随時求人がある状況です。もちろん年次定期採用もありますが、こちらは新卒採用が基本です。中途キャリア採用は随時ということになります。広告業界はインターネットの普及により、これまでの広告代理店の他に、WEB広告代理店が加わるようになりました。また企業広告ではなく、求人広告を専門に扱う広告代理店があります。

随時採用が発生するのが特に広告営業のアシスタント事務職です。営業に必用なデータ入力やグラフ作成、必要書類の準備など、営業活動のさまざまなサポートを業務としています。より営業寄りの場合は営業動向、イベント準備等もあるでしょう。営業拡大や急なプロジェクト始動により、急募として営業事務スタッフの募集がかけられる場合があります。単発の派遣から、長期勤務の正社員募集まで、雇用形態はさまざまです。

一般企業と同じく、一般事務や総務、人事、経理、秘書、受付けといった事務系職種の募集ももちろんありますが、営業アシスタントの求人募集の動きと比べると、求人が発生する件数は少ない確率でしょう。大手広告代理店となると、所属部署だけでなく、支店間のネットワーク交流が必用になりますので、コミュニケーション能力は欠かせません。また最低限オフィス系のパソコン操作は必須になるでしょう。

給与形態や給与水準は、企業によって非常に異なります。比較的高水準で賞与、昇級等があり、福利厚生が充実の職場もあれば、中小規模で給与低めなものまであります。給与の高い低いだけではなんとも職場の評価にはなりません。任される仕事量、職場の人間関係、そして給与条件と総合的に判断しましょう。

広告代理業が好きかという点も重要です。多くのクライアント企業の方々と会い、広告提案し、広告によって貢献するのが事業内容ですので、そうした事業を手掛ける一員であることを好きになれないと続けることは難しいでしょう。また広告代理店独特の雰囲気がありますので、職場の雰囲気に馴染めるかどうかという事も検討のポイントになります。

営業アシスタントになると、急な残業も考えられます。営業サポート業務とはいえ、クライアント企業を中心に業務がすすめられてゆきますので、なかなか部署内で平均的な業務配分が出来ない状況です。平日日勤、残業無しにこだわる方は、受付けのシフト勤務などか、もしくは他業界のほうがおすすめかもしれません。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.