事務の転職に有利な資格

事務転職TOP >> 事務転職の基礎 >> 事務の転職に有利な資格

事務の転職に有利な資格

事務系転職をする際に自己アピールの強い味方となり得るのが資格です。font style="font-size:13px; font-weight: bold; background-color:#ffff99">事務職への採用を後押しするような資格の取得を是非検討してみましょう。既にいくつかの資格をお持ちの方は、その資格が事務の転職に役立つのかどうか調べてみましょう。まず一般的な事務職や事務職全般でおすすめなのが簿記資格です。初めての方であれば日商簿記3級からの取得をおすすめします。実際求人数が多いのは日商簿記2級取得者になります。

秘書室の事務職であれば秘書検定2級、経理事務も簿記検定が有利になります。このように、どういった業種の事務職を目指すのかによって、有利な資格は異なってきます。例えば、医療事務、介護事務分野での転職を考えたときには、介護事務管理士、介護福祉士、ホームヘルパー、社会福祉士、保育士などをもっているとよいでしょう。特に介護事務管理士は、医療介護分野の事務職に特化した資格ですので有利になります。

不動産業界の事務であれば、宅地建物取引主任者が有利に働くでしょう。というのも事務所の5人に1人の割合で宅地建物取引主任者をおかなければないと法律で定められているため、同資格保有者は優位性が高いといわれています。

業界を超えて事務職のキャリアアップに繋がる可能性のある資格の一つとして、ファイナンシャルプランナーがあります。企業としても取得推奨している場合がありますので、事前に取得していれば有利になるでしょう。ファイナンシャルプランナーは、一般企業の人事総務事務や社労士事務所、金融機関の事務職に持っていると有効的です。場合によってはファイナンシャルプランナーの資格分給与がアップするということがあります。社会保険労務士なども有利な資格で、ファイナンシャルプランナーとあわせて持っているとさらなるキャリアアップに一役かってくれるケースがあります。

また金融関係、不動産会社、保険会社、住宅メーカーでもファイナンシャルプランナーの資格が役立ちます。その他のスペシャリスト事務職の貿易事務であれば、TOEIC、通関士などがあるでしょう。通関士は貿易分野で唯一の国家資格であるので優位性の高い資格です。採用側が初対面のあなたを判断する材料として、保有する資格は非常に役立ちます。事務系転職に有利な資格に関しては転職サイト等で詳細にアドバイスしています。的確な事務系転職を進めるためにも求人検索とあわせて資格に関する検討も並行してすすめるとよいでしょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.