事務の転職の志望動機・自己PR

事務転職TOP >> 事務転職の基礎 >> 事務の転職の志望動機・自己PR

事務の転職の志望動機・自己PR

転職活動しかも面接時において必ず質問されるのが志望動機です。考えてみれば、この会社で働きたいという動機がなければ応募しない訳で、漠然といくつか受けてみた企業の一つというくらいでは採用を勝ち取ることは不可能です。一方、志望動機が明確で採用側に好印象を与えるものであると、他の応募者よりも抜け出て採用に近づくことが想像出来ます。確固たる志望動機を持てる求人への転職活動は、それだけ熱のこもったモチベーションの高いものとなるでしょう。そうした熱意と企業側の熱意がマッチして、いっしょに働いてゆきましょうということになるのではないでしょうか。

まず自分のアピールポイントをまとめます。わかりやすく印象的にキャッチコピーのようなものでもよいかもしれません。相手に好印象に届くということが重要です。履歴書の志望動機欄に記載したことと、面接時に発言する志望動機にぶれがあってはいけません。一環して信念をつらぬくこと、履歴書・面接と2回内容を伝えることでメッセージに強さが生まれます。

自己PRに関してはもちろんあなたの長所や企業に貢献出来るポイントをアピールするのですが、同時に短所を面接時に質問される場合があります。自己を客観的にとらえ短所も冷静にわかっている方は、実際の業務でも自分のミスを客観的に判断し、より高いレベルの仕事の出来る方と判断される場合があります。短所だから目をそらすということのないように、準備しておきましょう。

前職の退社理由と今回の志望理由を同時に尋ねられる場合もあります。もしも退社理由がネガティブなものであったら、必ずポジティブな理由で締めくくるようにしましょう。希望の将来のためには、ネガティブな事だけでなくポジティブな目的意識が必用です。それがあなたの活力になり、企業を動かす原動力になるのですから。ポジティブな志望動機で充分相手に伝わりますから、あえてごちゃごちゃマイナスなことを発表しないというのが得策です。

志望動機は、「なぜその企業で働きたいのか?」という理由です。したがって相手企業を知る、求人内容の部署の職場事情を調べることが必用です。求人を取り扱う転職サイトでは事前に企業や職場の情報をつかんでいますので相談してみましょう。その企業を知るうちに、ここが共感出来るな、この部分は私のキャリアで貢献出来そうだなといった具体的なビジョンが浮かんでくるはずです。そうした思いを志望動機にしたためましょう。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.