事務の転職の面接

事務転職TOP >> 事務転職の基礎 >> 事務の転職の面接

事務の転職の面接

事務系転職を成功させるためには面接での成功が不可欠です。一次の履歴書等の書類選考で受かっても、面接で落ちてしまうということがあります。最後まで気を緩めず対策を持って面接には望みたいものですね。事務系の面接でも他の業種の面接でも、共通しているのは第一印象や社会人としての身だしなみや振る舞いです。特に事務職と言うことから、きちんと事務職を遂行してくれるようなきちんとした服装や身だしなみを整えましょう。

男女共にスーツスタイルが望ましいですが、派手になり過ぎず清潔感のあるデザインを選びましょう。グレーや紺、ベージュと言った落ち着いた色のスーツに白いYシャツやブラウスで。派手な柄の入っていない上品な生地を選びましょう。女性はライトグレーのスーツなども良いかもしれません。顔映りの良いスーツかどうかチェックしてみて下さい。業種によって若干、堅い、やわらかい雰囲気等差をつけるとよいかもしれません。

人事総務、営業事務、秘書、経理事務など事務職は組織内での上司と現場との調整役的な立場でもあります。信頼して仕事を任せられる人間か、コミュニケーションを円滑にとってくれる存在かという点も見られています。社会人として適切な言葉遣いや立ち居振る舞いが出来る人というのは必須です。事前に面接シュミレーションなどロールプレイング形式で練習しましょう。転職サイトで事前チェックしてもらうとよいでしょう。

面接室に入ってすぐの第一印象は非常に重要ですが、同じくらい重要なのが志望動機です。前職を退職した理由や今回この会社を志望した動機等を的確に伝えられるようにまとめておきましょう。志望動機や自己PRに関しては、履歴書作成の時点でまとまりますので、履歴書との一貫性をもって面接でも伝えます。漠然とした内容は避け、具体的に企業に貢献出来る内容にまとめます。面接を受ける企業研究や職場事情等の事前調査も忘れずに。自分を知り、相手を知るという事前研究の成果が面接で発揮されることでしょう。

前職で人間関係など諸事情有りそれも転職理由になったかもしれませんが、最終的には次にどういったことをしたいか、将来どんな事務職でありたいか考えた上でのこと。前向きな退職理由と、発展的な志望動機であなたのモチベーションの高さをアピールしましょう。この人となら一緒に働きたい、この人なら力になってくれそうだといったような期待感を面接官に抱かせることがポイントです。

事務の転職もしっかりバックアップ!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
対応エリア 全国
オススメ度 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細

Copyright (C) 2013-2017 事務転職エージェント比較【事務系の最新求人ガイド】 All Rights Reserved.